会社概要

商号
日本精機株式会社 – NIHON SEIKI CO., LTD.
設立
1940年4月17日
代表取締役会長
倉部 稲穂 (くらべ いなほ)
代表取締役社長
石塚 広行(いしづか ひろゆき)
資本金
2,000万円
営業種目
  • 工作機械および周辺装置
  • 半導体製造装置
  • 精密級X-Yテーブル
  • 電子部品加工装置
  • 自動組立・搬送装置
  • 食品関連装置
  • 石油・天然ガス生産機器
  • 地熱生産機器
  • 圧力・真空・熱容器・管工事
認証取得
ISO9001
経済産業省認可
  • 高圧ガス保安法特定設備溶接認可工場
  • 電気事業法溶接認可工場
  • ガス事業法溶接認可工場
厚生労働省認可
  • ボイラー圧力容器製造認可工場
  • 機械器具設置工事業・管工事業
  • 登録番号-秋田県知事登録 (一般) 11707号
本社・工場
〒010-0941 秋田県秋田市川尻町字大川反170-28 (秋田市工業団地内)
TEL:018-863-1631 / FAX:018-883-5027(代表)
関 連 会 社
セイキプラントサービス株式会社
〒940-2022 新潟県長岡市鉄工町二丁目4-22 (鉄工団地内)
TEL:0258-27-4433 / FAX 0258-27-4491
インドネシア関係会社
PT.NIHON SEIKI MANDIRI INDONESIA
主要取引銀行
  • 北都銀行本店
  • 商工組合中央金庫秋田支店

会社沿革

1940年
4月、東京都港区において創立。
工場を埼玉県川口市に置いて工作機械メーカーとして旋盤、ボール盤を製作。
1945年
秋田市牛島地域に、国内石油資源開発に協力するという使命を帯びて疎開し、間もなく終戦を迎える。
戦後は、秋田地区産業の復興と再建に協力しつつ、国内唯一の石油・天然ガス生産装置の専門メーカーとして、プラントならびに機器の研究開発に注力するとともに、工場設備の充実を図る。
また一方で、従来からの工作機械、精密機械を手掛けることにより、人材の育成、設備の更新も計画的に行い、優秀な技術者・技能者を多数輩出し、一般産業機械の分野でも研究開発を積極的に行う。
1963年
新潟県長岡市に出張所(現在「セイキプラントサービス株式会社」)開設。
1966年
新工場を現在地の秋田市工業団地に建設、移転。
国内(秋田,新潟地区)はもとより、海外の油・ガス田向けに大型プラントの輸出実績を着々と重ねる。
資本金を1,200万円に増資。
1973年
秋田県より“機械金属工業中核企業”の指定を受け、NC工作機械を含む高精度、高能率設備を導入。
1980年
技能検定制度の推進協力が認められて、労働大臣表彰。
1994年
秋田県研究開発貢献者表彰。
薩南での実績が認められ、澄川地熱発電所の蒸気生産基地を3年間に渡り建設。
1995年
北海道苫小牧地区天然ガス生産設備建設着手。
2001年
ISO9001認証取得。
2003年
生産管理システム(ITSシステム)構築。
2008年
事務所・厚生棟新築
2009年
ISO9001:2008年版移行
2012年
資本金 2,000万円に増資