社内報「あぴ~る」 2022年 / NEWSLETTER [APPEAL] - 2022

あぴ~る 第161号 - '22.06.30発行

メカトロGr・品質管理課 合同会議

会議の様子 5月25日、『メカトロGr・品管Gr 部品製作に対する品質管理を考える-1』と題した合同会議が開かれました。

 2021年下半期に発生した不適合を題材に、不適合分析についてを品質管理課から、不適合発生原因をメカトロGrの作業者からそれぞれ発表し、その内容をもとに出席者全員で再発防止策を考えるというものでした。これまで再発防止策については、当事者と班長・部長のみで対策を検討していましたが、Gr員一人一人が不適合発生原因から再発防止策までを知る良い機会となりました。

 この合同会議は、昨年の内部監査での改善提案をきっかけに開催されたものです。

 今月は内部監査が行われています。他部門から監査をうけることで、違う目線からの気づきをうけ、常に改善し、『品質の日本精機』を作り上げて行きましょう。

高校就職フェア2022情報交換会

 15日キャッスルホテルにて「高校就職フェア2022情報交換会」が開催され、三浦常務が参加しました。
 弊社のブースには県内6校、男女含め18名が訪れ熱心に説明を聞かれました。

ブースでの説明の様子ブース

令和4年安全衛生標語

 23日の安全衛生委員会で、令和4年安全衛生標語が厳正なる審査の結果決定しました。

 決定した安全標語は経営企画室選出で

大丈夫 慣れと過信に 隠れた危険! です。

 この標語を合言葉にして無事故、無災害を心がけて行きましょう。「ご安全に!」

今月の社内表彰

表彰の様子 技能検定  機械検査2級 進藤社員

 おめでとうございます

花壇の整備

花壇に咲くマリーゴールド 事務所前の花壇整備を行い、お花を植えました。

 選定したお花は「マリーゴールド」です。

 黄色いマリーゴールドの花言葉は「健康」です。

 社員全員の健康を祈り丁寧に植えていますので、時間がある方は観賞してみてはどうでしょうか。綺麗に咲いていますよ!

日本精機あれこれ

  • 6日  ISO内部監査 各Grスタート
  • 21日 ISO内部監査 クロージング会議
    「不適合」「改善の機会」が指摘されたGrは本審査前に対応をお願いします。
  • 20日~23日
    危険物屋内貯蔵所の防火扉の修理が行われ新品に交換されています。開閉する際は注意しながら大事に使用しましょう。
  • 24日 第83期 定時株主総会

あぴ~る 第160号 - '22.05.31発行

第67回秋田県溶接技術競技会表彰式

入賞者の記念撮影写真 5月23日(月)ホテルメトロポリタン秋田に於いて第67回秋田県溶接技術競技会の表彰式が行われました。本大会は3月5日(土)に開催され「被覆アーク溶接の部」に5名、「半自動溶接の部」に2名、計7名が参加しました。入賞内容は次の通りです。

【被覆アーク溶接の部】

優秀事業所賞
優秀賞 斎藤班長
優良賞 山岡社員

【半自動溶接の部】

優良賞 金班長
優良賞 渡辺課長

 残念ながら最優秀賞は逃してしまいましたが、「被覆アーク溶接の部」では5大会連続で優秀事業所賞を頂きました。来年は最優秀賞(全国大会出場)を目指して頑張ってください。出場選手の皆さん大変お疲れ様でした。

通路塗装・会社廻り草刈り

通路塗装作業の様子 5月に入って随時通路の塗装作業を行っています。綺麗な通路でお客様を迎えることは非常に喜ばしいことです。

 また、会社廻りの草刈りを行っています。皆で綺麗な会社にしてお客様を迎えいれましょう。

 その為にも毎日の5Sを大事に行いましょう。

社内マイスター認定書授与

 5月9日の全体朝礼にてマイスター認定書が授与されました。一年間かけて菊地部長から指導を受け認定試験に合格しました。認定の内容は次の通りとなります。

【部品製作見積関連作業 機械加工部品 基礎級】

吉田班長、松橋社員、中屋社員  3名

 今後の仕事に活かせるように頑張ってください。

マイスタ認定書授与の様子

日本精機あれこれ

 5月9日の全体朝礼にて「令和3年度中長期経営計画活動」の成果と反省を相原室長から説明がありました。各Gr本年度も計画通り活動していきましょう。引き続き「令和3年度品質管理」について菊地部長より説明がありました。本年度も不適合・ポカミスの削減に各Gr取り組んでいきましょう。

あぴ~る 第159号 - '22.04.30発行

創業82周年記念 記念講演会

講演中の秋田大学工学博士 神谷名誉教授 16日(土)創業82周年記念講演として秋田大学工学博士の神谷名誉教授をお招きし「ものづくりの素材と機械」と題して講演をして頂きました。

 前半は神谷名誉教授の「生い立ち」「ものづくりとの出会い」「農機具製作所での農機づくり」を実物等交えながら分かり易く丁寧にお話し下さいました。名誉教授のお父さんの言葉で「おもちゃは自分で作れ」が印象に残りました。

 後半は「大学では、素材の接合と人材育成に挑戦」「日本精機の装置とのめぐり逢い」をご説明下さいました。溶接金属への窒素影響の研究では大阪大学接合化学研究所内の実験用チャンバーが日本精機で製作されていたのに驚いたとお話しされていて、大変うれしく感じました。

 「ダイヤモンドの燃焼炎合成」の研究や「タングステン線にダイヤモンド砥粒を固定したソーワイヤ製造装置」の研究では日本精機に設計から製作まで依頼し成果を挙げられたと評価していただきました。改めて日本精機と秋田大学の強い絆が感じられました。

 今回の講演内容は若い社員の人達には大変良い勉強になったと思います。お忙しい中、貴重なお時間をありがとうございました。

ものづくりマイスター

厚生労働省「技のとびら」のページ 厚生労働省「技のとびら」で秋田県立小坂高等学校と相原取締役室長との活動が紹介されています。学校からマイスターを依頼した背景に「ものづくりマイスターの細かなポイントを押さえた指導を身につけさせたい」、また効果として「マイスターの指導から体感する、溶接の面白さや達成感」を期待しているとのことで、それに対して相原室長は「ものづくりの面白さ、奥深さがわかる手作業での電気溶接」「響きの違いに耳を澄ませる五感で覚える溶接作業」を生徒さんに指導しました。

 生徒さんからは「手を取ってマンツーマンで教えて頂き感覚的なところ、身体で覚えることが出来ました」もう一人の生徒さんからは「溶接競技大会に出てみたい」という心強い言葉を頂いております。

 相原室長ものづくりマイスターお疲れ様です。

活動報告

発表の様子 16日(土)経営企画委員会と業務改善委員会による1年間の活動報告及び今年度活動計画を全社員に発表されました。経営企画委員会からは風力発電、地熱発電、水力発電についての報告を渡辺課長から、洋上風力についての報告を向井次長から、水素、バイオマス発電についての報告を正木課長から発表がありました。

 業務改善委員会からは1年間の総括を渡辺次長から、今年度の改善案は各委員から発表がありました。メカトロ関係は吉田班長、加藤班長、組立関係は伊藤班長、プラント関係は、齊藤班長、金班長、品管関係は福田班長が休みの為、渡辺次長からの発表となりました。どの改善案も大変すばらしい案でしたので実現できるように皆さんで協力して頑張りましょう。委員の方にはご難儀をかけますが宜しくお願いします。

日本精機あれこれ

  • 1日 永年勤続表彰(10年)
        根田社員 宇佐美社員 山岡社員
  • 16日 構内清掃
  • 16日 創業記念行事(講演会)
    永年勤続表彰者の方々構内清掃の様子

あぴ~る 第158号 - '22.03.31発行

第67回秋田県溶接技術競技大会

令和4年3月5日(土)に一年振りとなる秋田県溶接技術競技大会が潟上市にあるポリテクセンターに於いて開催されました。競技は被覆アーク溶接、半自動溶接の2種類があり、今回は被覆アーク溶接の部に9名、半自動溶接の部に41名が全県より参加しました。(参加事業所は13社)当社からは被覆アーク溶接の部に5名、半自動溶接の部に2名が出場しました。一年振りとなることから選手は多少戸惑いながらの競技でしたが、練習の成果を出せるように全力で頑張りました。今後の審査日程としてX線透過試験審査、曲げ試験審査を行い、4月19日(火)秋田県産業技術センターにて最終審査を行う予定です。尚、表彰式は5月26日に行われ、優良事業者賞、個人賞の授与が行われます。
出場された選手の皆さん大変お疲れ様でした。

第4次中長期経営計画

活動計画の発表の様子

3月25日(金)に第4次中長期経営計画2年目の活動計画が全社員参加の中、大会議室で発表されました。各Gr長から1年目からの変更点や追加点等の報告がなされました。

【第4次中長期経営計画】

(名称)

Thanks NS 2025 ~未来の日本精機へ感謝~

(コンセプト)

5年後の明るい未来ある会社に、お客様、社員からありがとうと感謝される企業を目指します。

新しい活動へとスタートしていきます。今回報告された内容を社員全員で目標達成できるように頑張っていきましょう。

日本精機あれこれ

講演中をする菊地部長

  • 15日 第4回カーボンニュートラルロジスティスク講演会(秋田県沖洋上風力事業者講演)オンラインにて経営企画委員会が参加。
  • 17日 JAPEX秋田事業所にてネジに関する社内講習会「主なネジの種類と用途及び製作手順について」と題して菊地部長が講演を行なった。
    秋田事業所内の3鉱場とはオンラインでの参加となった。

あぴ~る 第157号 - '22.02.28発行

あきた洋上風力発電関連セミナ
セミナー会場の様子

 1日に行われた「あきた洋上風力発電関連産業フォーラム」ビジネスセミナーに菊地部長と向井次長が出席しました。3社から講演があり、その後、県内企業から質疑応答がありました。
 具体的な仕事内容としては主に港湾関係で、部品の水切り(玉掛、クレーン)、メンテナンス等でした。今後も経営企画委員会が中心となってこのような講演に積極的に参加し、洋上風力の知識を学び少しでも我が社で風力の仕事に取り組んで行こうと考えています。

新しい仲間が加わりました山谷英治(やまやえいじ)社員

 2月16日より調達Grへ山谷英治(やまやえいじ)社員が配属となりました。
以下は本人のコメントです。

——————————————

 趣味はマラソン、スポーツ観戦です。
 マラソンは50歳から健康維持のために始め、角館から鷹巣までの100km完走を目標に日々トレーニングしています。近年はコロナ渦で大会が中止となっているので今年は開催されるのを期待しています。
 スポーツ観戦はバスケット、サッカー、高校野球と休日は色々な試合観戦に足を運び秋田のチームを応援しています。
 皆さん宜しくお願いします。

日本精機あれこれ

 7日から新型コロナ対策として席の間隔を設けることとしました。1階事務所から2階応接室、第一会議室へ何名か移動して業務にあたっています。
 また、会社としての対応方針も決定していますので(食堂へ掲示)各自確認してください。
 不明な点は総務に問合せしてください。

引き続き、手洗い・うがい・消毒をよろしくお願いします

あぴ~る 第156号 - '22.01.31発行

2022年 年頭挨拶
年頭挨拶を話す社長

 6日(木)の仕事初めに社長より年頭の挨拶がありました。
昨年の国内外の情勢、日本精機の出来事について述べた後、今年1年の心構えとして『変化に適応し自分自身を進化させて行こう!』について話されました

(以下、年頭挨拶より抜粋)

 ここ数年で世の中の色々なことが変わってきました。特に新型コロナウイルス感染拡大により今までとは違った変化も起きています。先ずは「新しい生活様式」を日常に取り入れ実践しなければならなくなりました。また、時間外労働の上限や年次有給の取り方などの働き方改革やテレワーク/リモートワーク/テレビ会議といった仕事のやり方も変わりました。技術面ではIot、AI、ロボット化など技術改革が急速に進展してきています。そして、環境面では温暖化による気象変化、それに伴う化石燃料から再生可能エネルギーへの転換、更にその先を見据えての脱炭素化社会への移行などほんの一例を上げましたがまだまだ変化しているものがたくさんあります。そして、これから先も更なる変化の波は押し寄せてくるものと考えられます。
 このように世の中が急速に変化していくと、何が起きるか予測不能なことが多々出てきます。この予測不能な時代を乗り超えて行くためには我々は変化に適応し自分自身を進化させて行かなければなりません。そのために社員の皆さんには以下のことを念頭に置いて今年1年、臨んで欲しいと考えております。
 一つ目は、謙虚な気持ちを持って変化を受け入れる順応性を養うこと。
 二つ目は、変化が起きればそれに対して求められる技術・技能も変わるため、自分自身の持っている技術・技能を磨くこと。
 三つ目は変化に伴いいろんな問題が発生します。これを解決していくには相手の立場に立って考え方に共感できることを探しだすこと。つまりお互い意思疎通を図り問題解決をしていくことが必要です。
 以上、三つの事を念頭に置いていつも話している考えて動く『考動』を実践し、これから先の変化の激しい時代そしてコロナ禍を乗り越えて行ってほしいと思っております。
 終わりになりますが、昨年1年間は無事故無災害で過ごすことができました。今年も社員の皆さんの安全と健康、そして明るく元気に大きく羽ばたいて活躍できることを願って年頭の挨拶とします。

日本精機あれこれ献血中の社員

  • 24日 献血車来社
9名の方にご協力いただきました!
ありがとうございました。

広報部からのお知らせ

 今月のあぴーる第156号からNS広報部が交代しました。初めての広報部活動なので、今までのように丁寧な表現や、上手な記事が書けないかもしれませんが頑張りますので宜しくお願いします。
 また、長年にわたりNS広報部を務めて頂いた、相原取締役室長、熊谷美紀子社員、大変お疲れ様でした。心より感謝申し上げます。
今後もご指導のほど宜しくお願いします。
(新NS広報部 篠田博信 小林秀美)